オリエンタルエアブリッジの格安航空券で国内離島巡りをしてきました。

サービスがない=軽量化?

40分だけなら機内食必要ないサービスがない=軽量化?少人数で静かなフライト

自分は飲食は飛行機の中でしたいと思わないタイプですから、特に飲食のサービスが無くても全く気になりません。
むしろ飛行機に飲食のサービスがある事の方が不自然だと感じます。
何故なら飛行機は空を飛ぶために徹底的に軽量化を考えているからです。
自分は過去に機械のエンジニアをしていたことがあり、多少なりとも機械を知るものですが、軽量化というのはそんなに簡単なことではありません。
むしろ、とんでもなく難しいことだといってもいいでしょう。
それだけエンジニアに頑張らせておいて、いとも簡単に重量を減らすことが出来る飲食物をサービスとして持ち込むとは何事かというような気にもなります。
それならエンジニアがする軽量化の努力など必要ないではないかという事になってしまいます。
何しろ飲食のサービスをするというだけで、実に様々な物が機内には持ち込まれることになります。
食材はもとよりそれを調理する器具、それらを補完する器具と考えていくと全くエンジニアの軽量化の意味が無くなることになるでしょう。
軽量化する必要があるのか、無いのか明確にしろと叫びたくなる気にもなります。